http://www.japanism.xyz/

女性の若年性更年期障害における症状と対策

若年性

女性の若年性更年期障害における症状と対策

日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳と言われていて、この前後5年間、つまり45−55歳くらいを更年期と呼びます。

更年期に入ると卵巣の機能が低下を始め女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量も徐々に減少していきます。

しかし卵巣機能の低下とは逆に、脳の方ではエストロゲンが減少したことに危機感を感じて卵巣にエストロゲンを分泌するよう指令を出し続けます。

そして、指令とホルモン量のバランスが崩れてしまうことで体に様々な悪影響を与えてしまうのです。

近年、本来なら50歳位を中心にして発症する更年期障害が、30代といった若い女性の中でも似たような症状を訴える人が増えています。

女性ホルモンの分泌量は20歳頃がピークです。それが徐々減っていき、やっと50歳頃に閉経をします。

ですので、30代前半の不調を更年期とするのは厳密に言うと別物です。

あくまで、若い女性でも月経が不規則になったり、手足の冷えや火照りや頭痛等といった症状に悩まされているといった症状のことを総称して若年性更年期障害と呼んでいるにすぎません。

出血量が減ったり、生理周期が不規則になるのはちょっとしたホルモンバランスの乱れでも起こります。

それらは本物の「更年期障害」とは異なります。


多くの若い女性が更年期障害と同じ症状を訴える原因として多いのは、無理なダイエットや食生活の乱れ、過剰なストレスと考えられています。

こうした原因が積み重なることにより卵巣の機能低下やホルモンバランスを崩してしまい結果的に更年期障害と同じ症状が出現するのです。

食生活や睡眠不足、ストレスなどが原因のホルモンバランスの乱れは、基本的には生活習慣の改善で治ることがほとんです。

しかし、中には原因が異なる場合もありますので、生活習慣を正しても改善されない場合は早一度、婦人科で診察をしてもらいましょう。



治療方法に関しては、まずは血液検査にて早発閉経なのか、ホルモンバランス異常が原因なのかを突き止めることになります。

ここで早発閉経と診断されれば、ホルモン補充療法(HRT)などで閉経後に起きてしまう病気を防ぐ治療法を行います。

逆にホルモンバランスの乱れと診断された場合には、無理なダイエットを行っている場合は直ちに止めて食生活の改善を実行したり、ストレスのある環境を遠ざけたり発散する手段を見付けることが重要な対策となります。

更年期の様々な症状に効く栄養素とは?

更年期や女性ホルモンの低下で起こる様々な体の症状と対処方法

女性ホルモン=美と過信しすぎないこと

ホルモンバランス

女性ホルモン=美容ホルモンで、たくさんあるほど良く、若く綺麗にいれらるとイメージしがちです。

確かに、妊娠中はエストロゲンが大量に分泌され肌も綺麗になり、出産後はエストロゲンが減少し肌もカサカサになります。

恋愛やセックスの話題でも頻繁に女性ホルモンが増えて綺麗になると言うことも言われます。

しかし、女性ホルモンは増えるほど良いというものでもないのです。

増えすぎると、乳がんや子宮体がんのリスクも高くなるのです。

女性にとって良い状態というのは、女性ホルモンであるエストロゲンと男性ホルモンであるテストステロン、黄体ホルモンであるプロゲステロンが定期的に適度に分泌されバランスが良い状態です。

エストロゲンが良くてテストステロンやプロゲステロンが悪いみたいなイメージを世間ではありますが、それぞれ働きや大切な役割があります。

大事なのは両方のバランスの問題です。

NHKでも放送されたエクオールの正体

ホットフラッシュを抑える5つの対策

髪が生える育毛剤