http://www.japanism.xyz/

更年期障害の対処法

【体験談】あなたが実践していた辛い更年期障害の対処法を教えて

更年期で悩まされ際にどのような対処しているのでしょうか。
実際の体験談をいくつかご紹介します。

56歳 女性 フォトジャーナリストの場合

私は56歳の女性で、仕事はフォトジャーナリストをしています。

もうそろそろ更年期は卒業というような年齢なのですが、私が更年期で一番つらい思いをしたのはホットフラッシュ。特に寝ている間にものすごい汗をかくことでした。

今ではあまりないのですが、当時は暑くもないのに全身が汗でびっしょりになって、夜中に目が覚めて下着からパジャマまで全部着替えなければならないほどでした。

多い時には一晩に2回も着替えることがあって、洗濯物がたまって仕方がありません。

私の対処の方法は、まずは規則正しい生活を心がけました。

あまり夜更かししたりしないで十分な睡眠をとるように、そして食生活を見直して大豆系の食品を多く入れるようにし、さらにサプリメントでエクオールやビタミンEや亜鉛などを摂取するようにしました。

特に私は豆乳が好きなので、毎日かなりの量の豆乳を飲んでいます。

そのせいか、それほどひどい更年期の症状は出なくなりました。

更年期の様々な症状に効く栄養素とは?

48歳 女性 主婦の場合

私の場合、症状といっても眠い・怠い・やる気が起きないというぐらいで、医師の診断があったわけでもないので、更年期だろうと自分で思っています。

一番辛いのは、昔ならさっとこなしていた家事も、気の向いた時にほんの少しずつしか進めることが出来ないようになりました。

二つ以上のながら家事が得意だったのですが、今はそれも無理になってとにかく立ち上がって次の行動を起こすのにも時間が掛かるので、色々と面倒です。

特に朝起きられないことが増えて自己嫌悪に陥ったりしましたが、更年期障害で体調が悪いんだろうと、主人は何も言わずに勝手に出社してくれるようになりました。

以前なら、たたき起こされて、延々文句を言われたんですが。

その時に、ふと思いました。

そういう時期なんだから、無理やり若い時の自分と比べて同じペースで頑張り続ける必要なないんだと。

怠けているつもりもなければ、ズルをしようとしているわけでもない。

自分でもどうしていいのか分からなくて情けなくなっていると言うこと。

こういう堂々巡りの気持ちが、症状を余計に悪化させるんじゃないかと思いました。

何も気にしないわけではないですが、子育ても終わって少し休憩していいよと神様が言っているんだと思うようにしています。

今日、今すぐに片付けないといけないようなことなんて、世の中そんなにありませんし、出来ないことは明日明後日に繰り延べすればいいんだと。

どうしても日時の限られた用事の時には、その後2.3日使い物にならなくなりますが、前もって心づもりをしていれば動けますし。

もう少しキツイ症状で生活に支障を来すようなことがあれば、医者に掛かろうと思っていますが、今のところは自分を責めないように日々暮らしています。

神様がくれた長いお休みだと思えば気持ち的に楽に過ごせますよ。

更年期障害が起こる仕組みとは

51歳 女性 主婦の場合

更年期障害の諸症状がで始めてから1年ちょっとになります。
主な症状はホットフラッシュが1日に何回か起きることと、慢性的な肩こりや頭痛などがあります。

大豆イソフラボンが更年期には良いと聞いたので、毎日豆乳をコップ一杯飲むようにしています。

豆乳を毎日の習慣にしはじめてからは、多少肩こりと頭痛がかなり軽減されてきました。

ただ、ホットフラッシュに関してはあまり効果が見られず、むしろ50代を境にして夜中にも起こるようになっってやや悪化した感じがしたので豆乳だけでは効果が無いと判断して、エクオールのサプリを飲み始めました。

サプリを飲み始めたのがちょうど半年前なのですが最初の1ヶ月はほぼホットフラッシュの改善は見られなかったのですが2ヶ月目ごろから、ガクンとホットフラッシュが起こる割合が減ってきたと感じています。

例えば顔が急にカーッとしても、時間にすると5分以内には治るようになったり、夜中にホットフラッシュで汗びっしょりになり目がさめるといったことも、以前に比べると頻繁に起きることは無くなり、かなり体が楽になってきたと感じています。

現在も豆乳とエクオールサプリは毎日続けているので、このまま更年期が終わるまでひどい症状は抑えていけるのではと思っています。

→医師と共同開発されたエクオールのサプリはこちら

58歳 女性 主婦の場合

私は58歳です。この歳になるまで、あまり更年期という事を意識しないように過ごしてきました。

友人の話では、身体がだるくて、何もできないのだけど、それを家族が認めてはくれないとか、気持ちが落ち込んでいき、ネガティブまっしぐらとか。

この歳になると仲の良い友達が集まれば更年期の話で盛り上がります。でも、私は、そんな中にいても、他人事、私は更年期になんか絶対にならないぞと思っていました。

この、半年くらい、身体が急に熱を持ったように熱くなる時があります。

掃除をしたり、家事を一生懸命にしていれば、汗も出ることはありますが、何も身体を動かさない時、テレビを見ているような時にも突然汗を掻くようになりました。

自分では、思いたくないけど、ちょっと遅く来た更年期障害かなぁと。

なんか、自分が更年期という事を認めたくない気持ちがいっぱいあるけど、今まで、友人から聞かされていた話を総合すれば、やっぱり更年期障害と認めざるを得ません。

私は、何か対処法がないか、そう考えた結果は運動不足と必要な栄養不足いうことでした。

食事は、大豆製品を多く摂るようにし、晴れている日は歩くようにしています。

その効果なのか体調もだいぶ上向きになり気分が落ちることも大分、減りました。

好きな音楽を聴きながらのウォーキングはおすすめですよ。

→ホットフラッシュを抑える5つの対策

→更年期の女性ホルモンの低下で起こる様々な体の症状と対処方法