http://www.japanism.xyz/

NHKスペシャルでも紹介されたエクオールとは


人間の体にいる細菌の量は腸が最も多く、100兆を越えるとされています。
そして腸の中で生態系を形成している細菌の群衆のことを腸内フローラと呼びます。

人間にとって難病とされてきたさまざまな病気と深い関連があると指摘されて、腸内フローラの研究がされ始めました。

腸内フローラ

この腸内フローラによって医療が大きく変わろうとしています。

腸内環境も腸内フローラも人それぞれに異なるものです。

同じ細菌が同じだけ腸内に存在しているわけではなく、生まれ持ったものを生活習慣や食生活などで少しの変化を繰り返しつつ一生涯持って行くことになります。


研究によって腸内細菌が作り出すことができる物質が数多く見つかっていますが、その中に老化防止作用がある物質も存在しています。

それはエクオールと呼ばれるものです。

NHKスペシャルでも紹介されていましたが、このエクオールにはシワが浅くなる効果がわかり、肌のハリを保つために必要なコラーゲンの量を増やす効果があることがわかりました。

さらに、エクオールは更年期障害に悩む女性の骨密度の低下やホットフラッシュなど更年期の辛い症状を防ぐ効果もあるとも報告されています。

女性らしい体を作るためには、女性ホルモンのエストロゲンが必要です。

女性らしさ

それが更年期に入り、エストロゲンの量はどんどん低下していくために様々な不調が訪れます。

更年期障害の症状にエクオールが効果的な理由は、エクオールがエストロゲンと似た作用をするためなのです。

つまり、年齢と共にエストロゲンの量が減ってしまい更年期障害に悩まされていたとしても、エクオールを作り出すことができればその対策をすることは可能になります。

大事なのは、更年期障害対策には、体内のエクオールを増やすということです。

エクオールを増やすには?


イソフラボン

エクオールは、大豆に含まれるイソフラゾンを摂ることで体内に作ることができます。

女性特有の不調や更年期の症状に悩まされている人は、毎日の食事に大豆製品を取り入れましょう。

ただし、注意したいのは、大豆イソフラゾンを食事から摂取しても、それを自分の体でエクオールに変換できる人とできない人がいます。

これは、まだ原因がわかっていないのですが、日本人は約半分の人しかエクオールを自ら作ることができません。

エクオールを作れる人

では、どうすればよいのかというと、まずは、大豆食品を継続的に摂ってみて更年期障害の辛い症状を改善することができなければ、あなたの体はエクオールを作ることができていないと言えます。

そういう人は、エクオールのサプリメントがありますので、それを直接摂ることで同じ効果が可能です。

そうすれば確実にエクオールの効果を得ることができますので、毎日の食事の管理が面倒な人や、すぐに更年期の症状の辛い症状を抑えたい人などはサプリメントが効率的です。

エクオールランキング2017はこちら

【1位】高品質ならこちら【エクオール+ラクトビオン酸サプリ】公式サイト


【2位】お求め安さならこちら【小林製薬エクオールサプリ】公式サイト
【3位】エクオール×和漢植物なら【ノムダス】公式サイト

女性の更年期障害はホルモンのバランスの乱れが原因

女性ホルモン

更年期障害のほとんどは40代後半以上の女性に特有のものですが、女性ホルモンのバランスの乱れによって発生することが分かっています。

女性は閉経が近づくと卵巣の働きが低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少してしまいます。そして。頭痛、めまい、体重減少、食欲不振などが起こるようになります。

更年期障害と閉経の時期は密接な関係があるといわれており、障害が起こった時期から数年後に閉経をする女性が多いとされています。

更年期障害を抱えている家族が身近にいる場合には何よりも積極的なサポートをすることが求められています。

たとえば家事の負担を軽減させたり、身体がつらいときには横になってもらうなどの配慮が重要です。

更年期障害はすぐには良くならない性質を持っているために、周囲のサポートによって少しずつ症状の軽快を待つことが良いとされています。

また、体調が悪い時などには無理をせず仕事や家事などを休むことが重要であり、時には職場などに体調のことについて話しておくことも望まれています。

今は、医学的にも様々な対処法がありますので、あまりに辛い場合は婦人科のお医者さんへ相談するようにしましょう。

ホットフラッシュ対策トップページへ