http://www.japanism.xyz/
nhk

NHKスペシャルでも紹介されたエクオール

エクオールが世間の注目を浴びるようになったのは、2015年2月22日の「NHKスペシャル(腸内フローラ 解明!驚異の細菌パワー)」の回の放送からでした。

そのあと2015年5月2日放送の日本テレビ系「世界一受けたい授業」、最近では2017年5月15日放送のテレビ東京「主治医が見つかる診療所」、2017年6月6日放送のTBS系「たけしの家庭の医学」など、様々な健康情報番組でもこぞって特集されています。

こんなに多くの各人気番組で取り上げられているということは、つまりそれだけすごい効果があるということです。

→エクオール研究の専門医師と共同開発された高品質エクオールはこちら

腸内細菌が作り出す老化防止物質がエクオール

人間の体にいる細菌の量は腸が最も多く、600兆を越えるとされています。

腸内の細菌は、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌(ひよりみきん)」の3つに分類されます。

善玉菌は、主に体に良い働きをし、悪玉菌は主に体に悪いことをする菌、日和見菌は善玉菌でも悪玉菌でもない菌のことを言います。

理想的な腸内環境は、善玉菌が2、悪玉菌が1、日和見菌が7のバランスです。

悪玉菌と言っても0ではダメで、ある程度は必要ということです。

このバランスが崩れると体が不調になったり、病気になったりします。

そして腸の中で生態系を形成している細菌の群衆のことを腸内フローラと呼びます。

腸内フローラ

腸内フローラは、人間にとって難病とされてきたさまざまな病気と深い関連があると指摘されるようになり、研究がされ始めました。

この腸内フローラによっていま医療が大きく変わろうとしています。

腸内環境も腸内フローラも人それぞれに異なり、生まれ持ったものを生活習慣や食生活などで少しの変化を繰り返しつつ一生涯持って行くことになります。

研究によって腸内細菌が作り出すことができる物質が数多く見つかっていますが、その中に老化防止作用がある物質も存在しています。

それがエクオールです。

このエクオールには女性の骨密度の低下やホットフラッシュなど更年期の辛い症状を防ぐ効果、動脈硬化や心筋梗塞の防止、さらには肌の若返りなど様々な効果があるとされています。

肌の若返りというは、具体的にはシワが浅くなり、肌のハリを保つために必要なコラーゲンの量を増やすことが確認されています。
POINT

日本女性医学学会学術集会では1日に10mgのエクオールを摂取した場合、更年期の症状をやわらげることが発表されています。

(※日本女性医学学会は、更年期障害から医学的諸問題まで女性の一生を通じ研究する医療従事者団体)

→更年期専門の医師との共同開発で生まれた高品質エクオールはこちら


女性らしさ

女性らしい体を作るためには、女性ホルモンのエストロゲンが必要です。

それが更年期に入り、エストロゲンの量はどんどん低下していくために様々な不調が訪れます。

更年期障害の症状やアンチエイジングにエクオールが効果的な理由は、エクオールが女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするためです。

つまり、年齢と共にエストロゲンの量が減って更年期障害や様々な老化現象に悩まされていたとしても、エクオールを作り出すことができれば症状を緩和したり、アンチエイジングができるのです。

エクオールを増やすには?


イソフラボン

エクオールは、大豆に含まれるイソフラボンを摂ることで体内に作ることができます。

エクオールを増やしたい人は、まず毎日の食事に大豆製品を取り入れましょう。

ただし、大豆イソフラゾンを食事から摂取しても、それを自分の体でエクオールに変換できる人とできない人がいます。

この原因はまだわかっていないのですが日本人は約半分の人しかエクオールを自ら作ることができないとされています。

エクオールを作れる人

では、どうすればよいのかというと、まずは、大豆食品を継続的に摂って更年期の症状が緩和されているようならあなたはエクオールを自分で作れる人ということになります。

逆に更年期障害の症状を緩和することができなければ、あなたの体はエクオールを作ることができていないと言えます。

そういう人は、エクオールを直接摂ることで同じ効果が可能です。

毎日の食事の管理が面倒な人や、すぐに更年期の症状の辛い症状を抑えたい人などはエクオールのサプリメントが効率的です。

おすすめエクオール3選 比較早見表

【AMC社】エクオール+ラクトビオン酸 【小林製薬】エクオール 【ウエルネス・ラボ】キレイ・デ・エクオール
ラクトビオン酸 小林製薬 キレイ・デ・エクオール
特徴 更年期専門医師と共同開発された高品質エクオール 老舗の小林製薬から販売のお求めやすいエクオール エクオールを主成分に乳酸菌(EC-12)1,000億個も配合
主成分 エクオール10mg
ラクトビオン酸150mg
エクオール2mg エクオール10mg
乳酸菌(EC-12)
リンゴセラミド
内容量 90錠 30錠 60錠
摂取量 1日3錠 1日1錠 1日2錠
価格 5,832円 2,700円 初回3,980円
評価 ★★★★★
★★★ ★★★★★
公式サイト 【AMC社】エクオール+ラクトビオン酸 公式サイト

【小林製薬】エクオール 公式サイト 【ウエルネス・ラボ】キレイ・デ・エクオール公式サイト


→エクオールサプリの口コミを見る

→エクオールに副作用はある?

女性の更年期障害はホルモンのバランスの乱れが原因

女性ホルモン

更年期障害のほとんどは40代後半以上の女性に特有のものですが、女性ホルモンのバランスの乱れによって発生することが分かっています。

女性は閉経が近づくと卵巣の働きが低下し、女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少してしまいます。そして。頭痛、めまい、体重減少、食欲不振などが起こるようになります。

更年期障害と閉経の時期は密接な関係があるといわれており、障害が起こった時期から数年後に閉経をする女性が多いとされています。

更年期障害を抱えている家族が身近にいる場合には何よりも積極的なサポートをすることが求められています。

たとえば家事の負担を軽減させたり、身体がつらいときには横になってもらうなどの配慮が重要です。

更年期障害はすぐには良くならない性質を持っているために、周囲のサポートによって少しずつ症状の軽快を待つことが良いとされています。

また、体調が悪い時などには無理をせず仕事や家事などを休むことが重要であり、時には職場などに体調のことについて話しておくことも望まれています。

今は、医学的にも様々な対処法がありますので、あまりに辛い場合は婦人科のお医者さんへ相談するようにしましょう。

効果的なホットフラッシュ対策5選はこちら