http://www.japanism.xyz/

男性にもある更年期障害

男性更年期

更年期の症状が出やすい男性ってどんな人?

「若い頃は健康的で筋骨隆々、まわりからも男らしいと言われてたのに、最近では色も白くなり、お腹も出てきて腕も足も細くなってきた。」

「全身がだるい、疲れが取れない、気持ちがイライラしたり不安だったり安定しない、眠りが浅い。」

「突然ホットフラッシュが起こる。」

「性生活が思うようにできなくなった。」


男性の更年期障害の症状は人によって症状です。

「体に症状が出る人」、「心に症状が出る人」、「性機能に症状が出る人」、「全く症状がでない人」など個人差が大きいので、自分と同世代の男性人に話しても、なかなか共感してもらえません。

本人は辛いのに周りからは「単なる怠け」「やりたくない症候群」「気が弱い」など見当違いの判断をされてしまうこともあります。

そのため余計に落ち込んでしまい、さらにうつ状態が加速してしまうことにもなりかねません。

更年期障害の症状が出やすいタイプと出にくいタイプというのもあります。

出やすいタイプというのは、「責任感が強く真面目、几帳面、せっかち、神経質、運動しない、成功への強い欲求がある」タイプとされています。

真面目
このタイプは、同時に狭心症や心筋梗塞になる確率も高くなります。

逆に更年期障害の症状が出にくいタイプというのは、「マイペース、こだわりがあまりない、穏やか、運動する」という人が多いとされます。

更年期障害は症状が出てから慌てて対処するのではなく、できるだけ40歳を過ぎた頃から小さな体調の変化に気を配ることが大切です。

矢じるし自律神経を整える方法|呼吸法・運動

矢じるし男性のホットフラッシュ対策

矢じるしエクオールは男性が摂っても良い?


男性更年期障害の症状

男性
更年期になると性ホルモン(男性の場合はテストステロン)の量が減少してきます。

性ホルモンの低下は自律神経の不安定になり結果として上記のような様々な体の不具合の症状として現れてきます。

具体的に細かく分類すると以下の通りです。

1.血管運動神経症状
ほてり、のぼせ、ホットフラッシュ、冷え、動機

2.精神神経症状
不眠傾向、頭痛、集中力の低下、不安、うつ、めまい、耳鳴り、呼吸困難

3.知覚異常症状
しびれ感、知覚鈍麻

4. 運動器官症状
肩こり、筋肉痛、関節痛

5.皮膚、分泌系症状
発汗亢進、口内乾燥

6.消化器症状
食欲不振、便通異常、腹痛

7.全身症状
全身倦怠感

8.泌尿器系症状
昼間頻尿、残尿間、尿の勢い低下、夜間頻尿

9.性機能症状
性欲低下、朝立ちの減少、性交途絶、ED

気力と体力のアンバランスが更年期の症状の象徴といえます。実際に、男性の自殺は中高年に多いのも事実です。

倦怠感、うつ傾向、不安が強くなっていると思ったら、早い段階で心療内科を受診して精神安定剤や抗うつ剤による治療を受けるべきです。

男性更年期障害の原因はテストステロンの低下

男性ホルモンであるテストステロンは、性衝動を支配、調整し、精子の生産など性的特徴に強く影響します。

また、肉体だけでなく、精神にも強く影響し、闘志や気の強さ、弱さにも大いに関係するまさに男性的部分を作るホルモンです。

男性ホルモン

ビジネスやスポーツなどの競争の場面で、男性が勝利をおさめるのはテストステロンの分泌が増えた時で、敗北に終わる時はテストステロンが減っている時だとも言われます。

20代の頃のテストステロンのは平均値は16.8(pg/ml)ですが、その平均は、30代で14.3(pg/ml)、40代で13.7(pg/ml)、50代で12.0(pg/ml)とどんどん減っていくのです。

更年期の辛い症状を軽減するには、このテストステロンの減少を抑えることがポイントです。

男性のホルモン補充療法とは

男性の更年期障害でも女性の更年期と同様にホルモン補充療法(HRT)は効果的です。

女性は女性ホルモンをエストロゲンなどを内服しますが、男性はテストステロンを筋肉注射します。

筋肉注射

頻度は2-3週に1度です。

欧米などでは内服薬や貼付薬がありますが、副作用が強すぎるために日本では認可がされていません。

ホルモン補充療法は効き目が強く数回で改善する人もいますが、その分、副作用も強くなります。

特に前立腺がんや、肝機能障害、多血症などのリスクが伴いますので慎重に医師と相談の元に行うようにしてください。

ホルモン補充療法を行う前には、PAS値(前立腺特異抗原)を計ります。値が高い場合は、ホルモン補充療法を行うことはできません。

その他、勃起障害の場合のホルモン補充療法は、クエン酸シルデナフィル(バイアグラ)を併用することもあります。

男性更年期障害の日常でできる治療法

テストステロンの減少の原因は、加齢とストレスです。

日常でできる治療法としては、

1、ホルモン活性に役立つ食品や栄養を摂ること。

玉ねぎは含硫アミノ酸が含まれテストステロンの分泌に作用します。
玉ねぎ

納豆山芋などネバネバ系の食べ物は、男性ホルモンを活性化させます。
オクラ

また、亜鉛マカアルギニンなどのサプリメント も効果的です。
マカ
マカDX初回1080円


2、運動をして筋肉を刺激すること。運動をすると男性ホルモンが活性します。

ウォーキングや筋力トレーニングを日課にするのがおすすめです。


3、規則正しく早寝早起きの生活をすること。
男性ホルモンは夜中に分泌されますので、その時間帯に寝ていることが大切です。


どうしても辛い場合はまず病院で検査をしてみましょう。
泌尿器科では、テストステロン値の測定ができますし、最近は、男性更年期障害の専門外来もありますので、そちらでホルモン補充療法を行うことも可能です。

成人男女の基礎代謝はどのくらい?

頭頂部 育毛法

加齢臭の原因と対策方法

ホットフラッシュを抑える5つの対策トップページへ